--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.09

人生の半分が、あった。

にちようび、中学の同窓会みたいなのに顔出してきた。

正直、はじめは行くのをためらっていた。
学生時代の友人といえば高校の仲間くらいで、
小・中学校なんて、とーいむかしの話になっちゃってて
もう、今の自分とは別世界のように思えたから。

でも・・・最高におもしろかった!

ほとんどが15年ぶりに会うやつばっかりで、
よーく知ってるはずなのに顔と名前が一致しなかったり。
逆になにひとつ変わってないように思えるヤツもいたり。
もう、それだけでおもしろくておもしろくてしょーがなかったよ。

ほとんどみんな地元で仕事をしたり、遊んだりしているらしく、
ヒョコッと戻ってきた僕にとっては、すべてが15年ぶりの状態で。
でも時間は、積み重なっていたわけで。すげーふしぎな感覚。
いつのまにか別れちゃった当時の彼女と話せたのも、よかったなぁ。

・・・よく考えると、僕の人生の半分はこの場所にいたことになる。
大人になって、この前半の15年のことはすっかり置き去りだったけど、
なんというか、いろいろな光景がよみがえってきて、
人生が2倍になった感じかな。極端にいうと。

地元で生活するのも、意外と悪くないかも。。。とか思ってしまった。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://turkers.blog66.fc2.com/tb.php/52-a7d3d400
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。