--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.19

ビールのわかる男?

もう3ヶ月くらい、毎晩ビールを欠かしていない。

あきっぽいオレにしては、よく続いていると思う。

とてもえらいと思う。


以前は「ビールなんてどれも同じでしょ?」派だったんだけど、
これだけ飲んでるとちょっとは「違いのわかる男」になってきたようだ。

さすがにいつもヱビスとかのプレミアムビールを飲むわけにはいかないので
たまに「その他雑種」系にも手が伸びる。

中でも「のどごし<生>」は、ビールに匹敵する旨さで
コストパフォーマンスがよい。
のどごし<生>

広告は下世話でキライなんだけど、飲んでみると意外にちゃんとしていた。

逆に、魅力的な広告のビールは、あまり旨いと思ったことがない。
キリン「淡麗グリーンラベル」やサッポロ「スリムス」とかは、
ちょっと微妙な感じがする。
そしてアサヒ「ぐびなま。」の小西真奈美。
浴衣で「お疲れさまっ。」なんて言われた日にはもう我慢できない。

で、実際に飲んでみて、騙された気分でいっぱいになってしまうのである。。。
あんなの、ずるい。販促、いや反則だ。

ビールの広告クリエイティブは、味をごまかすためにあるのだろうか。
それともただ単に、オレが「違いのわからない男」なのだろうか。

ま、酔っぱらっちゃえばどうでもいいんだけどね?。結局。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://turkers.blog66.fc2.com/tb.php/30-52d31b07
この記事へのトラックバック
先日の「私のクリエイティブ世界はフリーダム。」の続き。 デザインに憧れってないわ
デザイン好き…ってわけでもないよなぁ… | SIKEED BLOG [広告クリエイティブ&マーケティング] at 2006.08.31 16:38
この記事へのコメント
ふぇ~ 単純&違いのわからんオトコじゃぁ~

でも、確かにビールのクリエイティブって、興味深いよ。
私はデザイナーなので、「ぐびなま」とかサイテ~極まりないとおもっちゃうし、
「グリーンラベル」も「全世界をまわって、ドリフターズ似の外人をオーディションで探しまわった」らしいけど、あれがドリフを意識したCMって、誰も気付かなかったから、本物の志村けんがでてきたんでしょ~。意味ね~。

などなど。

でも、やっぱりパッケージに関しては(広告に関してもそうだけど)、サッポロのセンスの良さ、アサヒのサイテ~さが、際立ってると思いますわ。
あれって、誰のセンスの差なんだろね。代理店? 

などなど。
Posted by サオリイヌ at 2006.08.19 15:15 | 編集
デザイナー視点のコメント、サンキュー。
以前はビールの広告って、もっと感性に訴える良質なものが多かったんだよね(アサヒ以外)。それが発泡酒やら第三のビールやらの登場で、各ブランドあの手この手で差別化を図らなきゃいけなくなってきてる。特に最近はもう、めちゃめちゃだと思うよ。「グリーンラベル」も、中途半端な笑いに走る前の世界観は好きだったんだけどねぇ~。

パッケージもたぶん同じで、ビール会社の苦肉のマーケティングの結果だと思う。作り手のセンスというより、企業のマーケティングセンスの結果だと思うんだよね~。

でもサッポロは、並べてみると確かにどれもセンスよいね。なるほど。
Posted by turkers at 2006.08.20 14:29 | 編集
トラバどうもです。

「ぐびなま」の広告、1ヶ月ぐらい前に友達が「デザインのミスを発見した!」といってケータイカメラで撮った交通広告見たんですが、見事にミス…ってたと思います。

小西真奈美が「ぐ」「び」「な」「ま」ってタイポグラフィと口で言ってるあのビジュアルなんですが、「な」「ま」に関して写真(口)と字が逆になってて合っていないというミス。

「最近は校正がちゃんとなってないよね まったく」と知り合いの人が言ってたのが印象的だなぁなんて思いました。
ただそれだけのことですけど…。
Posted by SIKEED at 2006.08.31 19:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。