--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.30

ニューヨークPhoto第2弾

またちょっと、過去の写真をのせてみる。(2005年ニューヨークにて撮影)
チェルシー 住宅 居住区 建物
チェルシーの、いい感じの住宅街。

レインボーフラッグ
同性愛者の結婚を禁止するブッシュ政権への抗議フラッグ。レインボーフラッグの掲出は、ゲイであることの主張。チェルシー地区に多く見られました。

newYork_04
リニューアルされたばかりのMOMA(ニューヨーク近代美術館)にて。シンプルで不器用で、おおざっぱな作品なんだけど、ちょっと心惹かれました。

newYork_05
NYの公園では珍しくないリス。日本のハトのように、フツーにウロウロしてるのだ。ここは毎年必ず訪れるお気に入りの公園、トンプキンス・スクエア(イーストビレッジ)。↓
newYork_06
日本人以外のいろんな人種の人たちが、それぞれの時間を思い思いに楽しんでいて、一日中ゆる?い空気が漂っている、いい感じの公園。なぜかここが、最もニューヨークを感じることができる場所なのです。

スポンサーサイト

Posted at 03:58 | PHOTO | COM(3) | TB(0) |
2006.08.28

Release Myself

平日に続いてもろもろ忙しい週末、またフットサル行ってきたよ。

体力的にも技術的にもまだまだなんだけど(レベル高いんですよ)、
ちょっとだけ「面白いかも」って思えたかなぁ。

・・・そして、なぜかカラオケへ。
カラオケは苦手なんで、僕の中では鬼門なのだ。
karaoke_1


でも最後の方は、こんな感じに。。。
カラオケ 裸
なんか、いろいろどうでもよくなっちゃった(笑)。


Posted at 03:03 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.08.24

お見合い?

上司 「おい、お見合いでもするか。」

オレ 「はぁ?」

上司 「淋しいんだろ?」

オレ 「なんすか、お見合いって。ていうか、誰と?」

上司 「まぁとりあえず、時間決まったら教えるよ」

って、ぜんぜん意味わかんねーって!!


・・・でもどうやら、接待気味ということが判明。な?んだ。
これでも忙しいんですけどねぇ。

Posted at 03:57 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.08.21

写真でも撮るかなぁ。

ネタ不足なんで、ちょっと過去の写真をのせてみますわ。(2005年NYにて撮影)
エンパイア・ステートビル photo by 田中進


トライベッカ photo by susumu tanaka
ちょっと、ストーカー気味ですが。。。

3年連続で行ってきたんだけど、今年は行けそうにないな。

Posted at 03:11 | PHOTO | COM(0) | TB(0) |
2006.08.20

ハワイで会いましょう。

友人とランチを兼ねてハワイ行きの打ち合わせをした。
基本、夏休みの旅行なんだけどそのメインが仲間の結婚式ということで、
しかも国際結婚ということで、いろいろ考えることが多いのである。

帰宅後、その結婚する当事者からTEL。
白金に住んでいる新婚の友人(彼らもハワイへ行くのだ)に会うとのことで、
ペーパームーンでサクッと合流。しばし休憩後、白金へ。
広尾 麻布 ペーパームーン

そこで待ってたのは・・・絶品の手料理フルコース。
手料理 人妻 前菜 メインディッシュ おもてなし

こんなにうまい手料理を食べたのは、初めてかもしれないぞ。
あんまりお腹空いてなかったのに、死ぬほど食べてしまったよ。うぅ。。

素敵な空間と、素敵な料理と、素敵な奥さん。
シロガネーゼ

・・・お、これはもしかして「ホームパーティ」というやつですか??
ホームパーティー 食後 ティータイム

予想外の展開だったけど、なんだかとても贅沢な時間を過ごせたなぁ。

そしてみんな幸せそうだ。


Posted at 13:51 | ひとりごと | COM(1) | TB(0) |
2006.08.19

ビールのわかる男?

もう3ヶ月くらい、毎晩ビールを欠かしていない。

あきっぽいオレにしては、よく続いていると思う。

とてもえらいと思う。


以前は「ビールなんてどれも同じでしょ?」派だったんだけど、
これだけ飲んでるとちょっとは「違いのわかる男」になってきたようだ。

さすがにいつもヱビスとかのプレミアムビールを飲むわけにはいかないので
たまに「その他雑種」系にも手が伸びる。

中でも「のどごし<生>」は、ビールに匹敵する旨さで
コストパフォーマンスがよい。
のどごし<生>

広告は下世話でキライなんだけど、飲んでみると意外にちゃんとしていた。

逆に、魅力的な広告のビールは、あまり旨いと思ったことがない。
キリン「淡麗グリーンラベル」やサッポロ「スリムス」とかは、
ちょっと微妙な感じがする。
そしてアサヒ「ぐびなま。」の小西真奈美。
浴衣で「お疲れさまっ。」なんて言われた日にはもう我慢できない。

で、実際に飲んでみて、騙された気分でいっぱいになってしまうのである。。。
あんなの、ずるい。販促、いや反則だ。

ビールの広告クリエイティブは、味をごまかすためにあるのだろうか。
それともただ単に、オレが「違いのわからない男」なのだろうか。

ま、酔っぱらっちゃえばどうでもいいんだけどね?。結局。

Posted at 03:18 | 広告とか | COM(3) | TB(1) |
2006.08.18

au style magazine...

auの人、今日あたり請求明細が届いてるころかな。

こういうのって、ビリッと開けて金額だけ確認してサヨウナラって人も
結構いるんだろうけど。

でも中に、au style magazineっていう、マガジンと呼ぶには
おこがましいようなちっちゃ?い冊子が入ってるのね。
au style magazine
中身はモリモリなんであんまり読まないんだけど、表紙と見開きで毎月1人ずつ
アーティストを紹介してる。もう何年も続いていてよくネタ切れしないよなぁ?と、
感心しながらたまにボーっと眺めたりしてるのである。

で、ちょっと気になって検索してみたところ、KDDIデザイニングスタジオ
アーティスト展やったり、携帯サイトからアーティストの壁紙とかDLできたり、
グッズの販売してたりとか、いろいろ連動してるみたいなのね。

大きな会社の割にちっちゃい取り組みだけど、こういうのを地道に続けてるヒトたちもいるんだなぁ、とまたちょっとだけ感心。

さらにPCサイトに冊子を全ページPDF化したものが載ってた。。。
って、これはさすがに丁寧すぎるかな?。ご苦労様です。。。

ま、「継続はデザインなり」ってことで。なんとなく。寝よ。


Posted at 02:03 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.08.15

愛犬と家族について。

今日は某コンペのロケハンでコクーン新都心に行ったので、
ついでにちょっと実家に寄って昼飯を食うことにした(徒歩4分なので)。
kyu_nakasendo.jpg
(旧中山道のケヤキ並木もすっかり整備されてきた)

でも本当の目的は、愛犬とひさびさに戯れて、愛くるしい顔を
ブログにUPすることだった。
もうお爺ちゃん犬だけど、ボケないでオレのこと覚えてくれるかな?、と。


それが・・・実家に着いた途端、驚愕の事実が判明。。。

そこにあるはずの犬小屋が、見当たらない。
代わりに彼の名前が記された1枚の板が、淋しげに佇んでいるだけ。。。
墓標
・・・「墓標」である。

事態を正確に飲み込めないまま3階まで駆け上がり
(筋肉痛なのでエレベーターを使用)、母親に経緯を説明してもらった。
齢15才。老衰による自然死だったらしい。4月10日のことだった。。。

・・・って4ヶ月前かよ!?

そんな大事なこと教えてくれなかったとは。。。
まぁこっちも正月以来音信不通だったけどさぁ、一応家族じゃん?
ってどうせそこまでアタマまわってないだけだろうけどねぇ。

はぁ?、がっくり。。。
実家の屋上バルコニー
(ほとんど活用されてない3階建ての屋上バルコニーで一服)

肩を落としながら、とりあえず仏壇の前で線香をあげ、
お爺ちゃんと愛犬の冥福を祈った。ふぅ。
そんなこんなで、わずか1時間の里帰りは終了。

そういえば実家を出て以来日帰りでしか帰ってないのも、
オレの影が薄くなる原因なのかなぁ。
その割には結婚相手の心配ばかりしやがって?。ったくよ?。


パーシモンハウス
※ちなみに実家の1・2階は賃貸になっていて、このヘンな物件名は僕のネーミング。この土地自体は戦前から所有しているもので、当時から我が家の歴史を見守り続けている柿の木に由来しているもの(柿=Persimmon)。この家も、そんな柿の木を生かしたレイアウトになっているのです。和風にいうと、柿の木荘ね。

Posted at 00:28 | ひとりごと | COM(2) | TB(0) |
2006.08.14

夏の夜の華

あいかわらず全身筋肉痛。。。イタタタタ。ちょっと区民プールでほぐしてみるかなぁと、自転車でマンションを飛び出したその時。
一瞬、街中を明るく照らすほどの激しい光が訪れ、少し間をおいて雷のような怒号が鳴り響いた。

「ちっ、せっかくの日曜なのにまた雨かよ。。。」

夕立の予感に苛立ちながら、ふと空を見上げてみると・・・


花火だった。
tokyowan_hanabi.jpg

そいういえば東京湾大華火祭、1日順延されたんだっけ。
この日、麻布付近の明治通りはちょっとした花火スポットに。
あたりを見回すと、カップルや家族連れ、タクシーの運ちゃんや
自転車便の兄ちゃんとか、いろんな人たちが足を止めて、夏の空を見上げていた。

4年間ここに住んでて、家の前から花火が見れるなんて知らなかったな?

ちょっとだけ、夏を感じた夜だった。

ちなみにWEBを見て、主催が中央区だって初めて知りました。
お台場で見るものだと思ってたから、港区か江東区かと思ってたけど。
それにしても、協賛社・団体の数は270以上。中止にならなくてよかったですね。。

Posted at 01:41 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.08.13

フットサルで、リハビリ?

先日overtureの認定証をつくるのに、会社の人にデジカメで顔写真を撮ってもらったんだけど・・・ちょっと愕然とした。写真の撮り方がヘタだったのかもしれないけど、見るからに不健康なオーラがにじみ出ていて、まるで病人のように、衰弱している自分を発見。

これはさすがにまずいな?、と思っていたところ、そんな自分を見かねてか
先輩がフットサルに誘ってくれたので、ちょっくら汗を流してみることにした。

小雨降る土曜日、フットサル世田谷へ。
フットサル世田谷

・・・ちょっくら、どころではすまなかった。
3時間ほぼ走りっぱなしで、汗が滝のように噴き出した。
ホントに、ひさびさに限界までカラダをうごかしてしまった。。。
昔は走力には絶対の自信があるタイプだったんだけど、ここまで落ちてるとはね?
でもなんだか、汗といっしょにいろんな悪いものや、
ごちゃごちゃしてる気持ちとかが、カラダの外に出て行ったような感覚。
そして終わった後のビールが美味い。メシが美味い。
何ヶ月かぶりに、がっつり夕飯を食べることができた。

帰る頃にはフラフラで歩くのもやっとだったんだけど、
なんだかこういうのって、懐かしくてとっても心地いい。
家に着いたら、とにかく寝ることしかできなかったよ。15時間睡眠。
(今も全身痛くて動かないんで、もう少し寝ようと思う)

動く。食う。寝る。すこしだけ、まともになれた気がした。

Posted at 12:51 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.08.07

UDON 4

1週間ぶりに自転車に乗った。

広尾?青山?銀座、そして会社へ。
暑くてゴミゴミしててしょうがないんだけど、やっぱり東京の街は心地いい。
夏のぼんやりとした風を感じながら、視界を様々な人や街並みが流れていく。
ああ、ここでオレは生きていかなきゃいけないんだなぁ、と感じたりする。
相変わらずLOWな気持ちが、ちょっとだけマシになる時間だ。

帰宅後、さっそく川福本店のうどんを茹でてみた。
自家製川福
※ざるうどんのつもりです。

麺とつゆだけ、見た目は最悪(笑)なんだけど、
あのコシコシ感はしっかりと再現されていた。ちゃんと、うまい。

やっぱり、うどんは麺だ。それだけで、うどんとしての価値がある。
しばらくは、ビールのつまみに困らないですむかな。

Posted at 03:17 | ひとりごと | COM(1) | TB(0) |
2006.08.06

UDON 3

灼熱のミュージカル巡業も、今日でついに千秋楽。
ミュージカル 舞台 ホール 劇場 観客席 イマジン あしながおじさん
思えばこの仕事も、もう6年目。はじめは全国12会場ぜんぶまわったりしたな?。
瀬戸内海や関門海峡をフェリーで渡ったり、移動日に小豆島を散策したり、台風で中止になった公演のフォローで奔走したり。。。
いろいろ大変だったし、本来の自分の領域ではない仕事なんだけど、たぶん個人的には今年で最後。。。なのでちょっとしみじみしてしまった。そして最後までマナカナの見分けがつかなかった。とってもいい子なんだけどねぇ?

・・・おっといかん。今回のメインは「うどん」だった。

讃岐うどんの店舗ジャンルは、「一般店」「セルフ店」「製麺所」に分類される。
本当はうどん発祥の地といわれる善通寺や綾川の製麺所に行きたかったんだけど、
当然時間的な制約があるので高松市内の一般店で有名どころを押さえることに。
そこで、フライトまでの空き時間を利用して「川福本店」でざるうどんを堪能。
川福本店高松 川福 ざる
ここは讃岐の中でも細目の麺が特徴。ツルツルっと喉に入って、噛むとコシコシ。
もう、余計な具は必要なし。「うどんは麺が命」を実感した瞬間でした。
川福の岡本さん
(寡黙な麺職人の岡本さん)

これ程うまいうどんに、はたして東京で出会えるのだろうか?
愛すべきうどんとの別れを惜しみつつ、思わずお土産用の生麺を購入。
明日にでも茹でてみようかな?


Posted at 00:37 | ひとりごと | COM(0) | TB(1) |
2006.08.05

UDON 2

松山から高松(うどん)への移動は、劇団のバスに便乗。
電車より快適だし、コストも抑えれてちょっとラッキー。
イマジンミュージカル 劇団 全国ツアー バス 四国

3時間後、高松(うどん)に到着。
いろいろ聞いたり調べたりした結果、数年前にも行ったことのある「鶴丸」へ。
高松 香川 鶴丸 フェリー通り

ひさびさの讃岐うどん・・・そうなんだよね、この独特のコシがいいんだよね。
何というか、東京のコシコシ度を1?3とすると、松山のコシコシ度は6くらい。
これでもかなりうまいと感じたんだが、高松のコシコシ度は9?10(推測)。
かなり強力。

でも、そもそも「コシの強さ」ってよくわからない表現。
香川大学ではなんと「うどんのコシ」についての研究室があるらしいんだけど、
そこでも「コシ=咀嚼中の総合的な食感」というしかないんだって。なんだそりゃ。

「堅さ」とか「弾力」だったりするんだろうけど、そういう物理的な表現以上に、
「うまさ」といった抽象的かつ主観的な意味を含んでるんだろうね。
そういう意味では、僕もコシは強い方です。


Posted at 03:05 | ひとりごと | COM(1) | TB(0) |
2006.08.04

UDON

お四国に来ました。
お四国

で、今日は松山です。
松山出張といえば道後温泉につかるのが恒例なんですが、
今回は残念ながらそんな時間もない。。。

松山って、どんな素材もとにかく新鮮で基本的に何を食ってもうまい。
ホテルの朝食バイキングとかも、普通なのにうまい。
でも松山ならコレっていう、わかりやすい料理がないんだよねぇ。

仕方ないからうどんでも食って、松山と高松のうどんを比べてみることにした。

余計なことは考えずに、今回はうどんに集中したいと思う。
もう、うどんのことしか考えない。でも、うどんを好きな人のことは考える。

Posted at 08:01 | ひとりごと | COM(1) | TB(0) |
2006.08.03

やせる想い。

6月のはじめまでは60kgあった体重が、現在54kg台。

中学入学時は50kgくらい、高校入学時は63kgあったから、
たぶん中2の時と同じくらいだろう。たしかにラグビーやってた頃に比べて
筋肉量は格段に落ちてるけど、ちょっと痩せすぎかなぁ、とふと思った。
(ちなみにMAXは68kg、ほとんど筋肉)

出張に行って普通にメシを食ってみたけど、あんまり変わらない。
無意識に、食事の量を抑えるようになってきたようだ。
以前は美味しいものや甘いものが目の前にあると過食傾向に
あったことを考えると、逆にいいことなのかもしれないけど。

こんな自分を心配してくれる人もいたりするけど、
それはそれでとってもありがたいんだけど、だからといって
何かが解決したり、よい方向に向かっていくことにはならない。。。

唯一、僕を駆り立てるのは「希望」や「期待」だ。
それが不可能に近い方向であったとしても、長い間恐ろしい苦痛に
耐えなくてはいけないとしても、その先に見える「光」だけが、
僕の道しるべとなりうる。

そんな訳で、僕はいま仕事をしている。

あ、なんか体重の話とあんまり関係なくなってしまった。
まぁ別にいいや、どうせならもっと痩せてやるぜ。いちおう健康体だし。

はじめて会社でブログを書いて、そんな気分になってしまった。

Posted at 03:35 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.08.02

しばし帰京。

以前は、見知らぬ土地に行くのが楽しかったけど、
新鮮さが薄れたのか今回はいまいちだ。
仕事で行くのは、もういいやって感じ。

東京、やっぱり居心地がいい。
涼しいし、にぎやかだし、ブロードバンドだし。

大切なひとが、近くにいるし。なんつって。

Posted at 03:59 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2006.08.01

ヒロシマ、ゲーテ

広島空港 バス 窓 さおり
ひさびさのヒロシマ。
おみやげの8割を占める「もみじ饅頭」や駅を降りて目に飛び込んだ
「もみじ銀行」の看板から、広島ともみじの関係ついて調べてみたけど、
たいして深い意味はないことが判明。
そもそもモミジって、カエデじゃん。カエルの手じゃん。

ところで連日仕事で携わってるミュージカルの台詞で、「ゲーテ」のとある
格言がひんぱんに、しかも軽々しく連呼されているので覚えてしまった。

「生活はすべて次の二つから成り立っている。
したいけど、できない。できるけど、したくない。」


したいことをできる人もたくさんいるんじゃないの?
という疑問も一瞬よぎったりするが、そういうことではないんだろうな。

「卒業したいけど、できない。卒業できるけど、したくない。」
ということはあったけど。

あるいは
「禁煙したいけど、できない。禁煙できるけど、したくない。」とか。

でもそういうことでもないんだろうな。
「格言と反省」というタイトル通り、人生そのものの反省や
人間の欲望や進化へのアンチテーゼなのかもしれない。

お、これはまさに環境問題に通ずるのでは・・・?
「分別したいけど、できない。分別できるけど、したくない。。。」

と、なんとなく浅?い考察のまま、本日は眠ることにします。

Posted at 01:18 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。